ここから本文です

WCOTYラグジュアリー&パフォーマンス、第1次14台…NSX と レクサスLC 選出

レスポンス 10/17(月) 7:15配信

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月末、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017」の第1次選考14車種を発表した。

画像:レクサスLC

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も高級および動力性能に優れるモデルを選出する。

条件は、2017年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界20か国以上、およそ70名のジャーナリストが、投票を行う。

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017の第1次選考14車種は、以下の通り。

アウディR8スパイダー
BMW 5シリーズ
ベントレー・ベンテイガ
キャデラックCT6
キャデラックXT5
ホンダ(アキュラ)NSX
ヒュンダイ・ジェネシスG90
レクサスLC500
リンカーン・コンチネンタル
メルセデスベンツEクラス
メルセデスAMGロードスター
ポルシェ・ボクスター/ケイマン
レンジローバー・イヴォークコンバーチブル
ボルボS90/V90

日本メーカーからは、新型ホンダ(アキュラ)『NSX』、レクサス『LC500』の2台がノミネート。新世代ハイブリッドスーパーカーのNSXと、ブランドの新たなフラッグシップクーペのLC500が選ばれている。

海外メーカーでは、メルセデスベンツが、新型『Eクラス』と『メルセデスAMGロードスター』、キャデラックが『CT6』と『XT5』の各2車種をノミネートしているのが目を引く。

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017は2017年4月、米国で開催するニューヨークモーターショー17で発表される。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/17(月) 7:15

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革