ここから本文です

【慶大・集団暴行事件】無関係のTBS井上アナ「後輩が失礼しました」と“謝罪”

東スポWeb 10/17(月) 9:18配信

 慶応大学出身のTBS井上貴博アナウンサー(32)が17日、朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」に出演し、慶応大学のサークル「広告学研究会」メンバーによる「女子学生への集団暴行事件」で“被害”を受けていると語った。

 番組では「広告学研究会」が運営していた神奈川・葉山町の海の家と合宿所の実態をリポート。サークルメンバーが合宿所の窓を開けたまま着替えたり、夜中に大騒ぎしていたため、近隣住民が大学に連絡や相談していたことを報じた。

 MCのTOKIO国分太一(42)は「慶応大学に入って何がしたかったのかな」とあきれ顔で話つつ「慶応のOBが、どうのように見ているかですよね」と続け、「慶応出身の井上君お願いします」と、慶応OBの井上アナに話を振った。

 井上アナは「事あるごとに、『慶応だよね』と声をかけられます。大変迷惑ですし、頭にきています」とコメント。同サークルとは無関係で、海の家を利用したことがないと言いつつ「広い意味で言うと後輩です。後輩が失礼しました」と、カメラの前で頭を下げた。

 番組では合宿所で事件を起こした「海の家」グループと「ミス慶應コンテスト」を主催するグループ、機関紙・WEB関連グループとはほとんど交流がないとも伝えた。一部グループの悪行で多くのOBが迷惑をこうむっているに違いない。

最終更新:10/17(月) 9:23

東スポWeb