ここから本文です

JALとANAの機体、切手に 20日販売開始、8600セット

Aviation Wire 10/17(月) 13:04配信

 日本郵便は10月20日、日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)のそれぞれの機体をデザインした切手セットの販売を開始する。ボーイング747-400型機や導入予定のMRJなど、10種類ずつを図柄に採用した。

 2種類とも、東京国際空港ターミナル(TIAT)が運営する羽田空港国際線ターミナルを題材に制作し、「TIAT JAPAN AIRLINES」「TIAT ANA」として販売する。

 JAL版は旧マクドネル・ダグラス(現ボーイング)DC-6B型機やDC-10などのほか、現行機種の787-8、導入予定のエアバスA350-900型機とMRJをデザイン。ANA版はロッキードL-1011型機「トライスター」や、旧塗装「モヒカンルック」の767-300、現行機種の777-300や787-9のほか、MRJをデザインした。

 それぞれ52円と82円切手を5枚ずつのほか、B5版の解説書と、通常サイズと特大サイズのポストカード1枚ずつをセットにした。1セット1500円(税込み)で、それぞれ8600セットずつを用意する。

 都内の1474局で販売する。銀座と新東京、東京国際、晴海、東京多摩の各郵便局と簡易郵便局を除く。また、11月1日午前0時15分からは日本郵便のWebサイトで、11月4日から6日までの3日間は、羽田空港国際線ターミナル内の臨時出張所でも販売する。

Yusuke KOHASE

最終更新:10/17(月) 13:04

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。