ここから本文です

チャーリー・ヘイデンとカーラ・ブレイによるリベレーション・ミュージック・オーケストラの新作がリリースに

CDジャーナル 10/17(月) 17:22配信

 2014年7月にこの世を去ったジャズ・ベーシスト、故チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)が、ジャズ・ピアニスト / 作曲家のカーラ・ブレイらと1969年に創設したリベレーション・ミュージック・オーケストラ(LIBERATION MUSIC ORCHESTRA)の新作『タイム / ライフ』(UCCI-1035 2,600 円 + 税)が10月19日(水)にリリースされます。

 リベレーション・ミュージック・オーケストラは、ヘイデンが様々な社会問題に対し、インスピレーションを受けた出来事への音楽的メッセージを発信するために創立したグループ。反戦・反差別をコンセプトに作り上げた1stアルバムは数多くの賞を受賞。これまでに4枚のアルバムをリリースしています。

 本作は結成時からのメンバーであり、特にアレンジャーとして関わってきたカーラ・ブレイが中心となって制作。ヘイデンが生前最後にリベレーション・ミュージック・オーケストラとして行なった2011年ベルギー・アントワープ〈ミデルハイム・ジャズ・フェスティヴァル〉での貴重なライヴ音源を2曲収録しているほか、ブレイがこのアルバムのために書き下ろした新曲3曲を、遺されたメンバーとともにレコーディング。ヘイデン亡き後にリリースされる貴重な作品です。

最終更新:10/17(月) 17:22

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]