ここから本文です

台湾鉄道、20日にダイヤ改正 運行の効率化目指す

中央社フォーカス台湾 10/17(月) 14:23配信

(台北 17日 中央社)台湾鉄路管理局は20日にダイヤ改正を実施する。乗車率の低い列車86本の廃止や運転区間の短縮が行われるほか、週末を中心に樹林(新北市)―台東、南港(台北市)―潮州(屏東県)を結ぶ特急列車が増発される。

ダイヤ改正は乗務員の勤務形態見直しと台中駅周辺の連続立体交差事業の進展を受けて実施。廃止されたり、運転区間が短縮される列車は主に深夜と早朝に運転されており、効率化を図るとしている。

同局では19日午前8時から主要駅で無料の時刻表を配布する予定。ウェブサイトや駅の掲示でも詳細を確認できるとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:10/17(月) 14:23

中央社フォーカス台湾