ここから本文です

AKB48ぱるる主演「警視庁 ナシゴレン課」本日放送開始、共演の古田新太がコメント

映画ナタリー 10/17(月) 5:00配信

AKB48の島崎遥香が主演を務める連続ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」の場面カットが新たに公開。あわせて、キャストの古田新太よりコメントが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「警視庁 ナシゴレン課」は、秋元康が企画・原作を担当したワンシチュエーションコメディ。島崎扮する卓越した洞察力と推理力を持つ“デカ長”・風早恭子のもと、捜査に出かけることなく刑事部屋で難事件を解決する“ナシゴレン課”の活躍を描く。島崎と古田のほか、出演者には勝村政信、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖らが名を連ねる。

このたび公開されたのは、古田演じる刑事・石鍋幹太を捉えた場面カット2点。石鍋は25年間の交番勤務を経て、ナシゴレン課へと異動してきた新米刑事だ。テンガロンハットを被った石鍋は、自身の強みを「足で稼ぐこと」とアピールするが、恭子からは「捜査に行くヤツは無能」と言われ、あげくの果てには“細目”と適当なニックネームを付けられてしまう。

一風変わった刑事たちが集うナシゴレン課。古田は「正直いうと……“面白いのか!?”と思いました(笑)。こんな課が警視庁に存在するワケないですしね(笑)。まだ手探りなところもありますが、より面白いものを作ろうと鋭意、努力中です!」と心境を語っている。また古田は共演の島崎の印象について「出演者の中で、いちばんオトナだなと思いますね。いちばん落ち着いていて、浮ついてない!」とコメント。続けて「最終的にデカ長が事件を解決に導くので、石鍋は彼女のことをかなり尊敬していると思います。配属されたばかりの自分のことを気にかけてくれているのも伝わってくる。人間的にも素敵な上司だと思いはじめているのではないかな……」と、石鍋の胸の内を代弁した。

またこのたび、テレビ朝日系で放送中の情報番組「ワイド!スクランブル」のキャスター・橋本大二郎と、アナウンサー・大下容子が、第1話「ワカメ風呂殺人事件」に特別出演していることが発表された。ナシゴレン課の刑事たちが貴重な情報源として活用している同番組。2人は「ワイド!スクランブル」のスタジオセットで殺人事件について報道し、ナシゴレン課の推理に一役買うという。

「警視庁 ナシゴレン課」は、本日10月17日深夜よりテレビ朝日系で放送開始。放送直後より、auの動画配信サービス・ビデオパスとテレ朝動画でも配信される。さらに、本作のスピンオフ「警視庁 ナシゴレン課 番外編『恋のアルマジロ』」も、「警視庁 ナシゴレン課」の放送直後よりビデオパス限定で配信。こちらもあわせてチェックしよう。

警視庁 ナシゴレン課
テレビ朝日系 2016年10月17日(月)スタート 毎週月曜 24:15~24:45
※放送終了直後、auの動画配信サービス・ビデオパスとテレ朝動画にて配信

警視庁 ナシゴレン課 番外編「恋のアルマジロ」
2016年10月17日(月)深夜 配信スタート
※「警視庁 ナシゴレン課」本編の放送終了後、毎週月曜深夜に1話ずつ配信

古田新太 コメント
「警視庁 ナシゴレン課」の企画を聞いたときの心境
正直いうと……“面白いのか!?”と思いました(笑)。だいたい、こんな課が警視庁に存在するワケないですしね(笑)。撮影がはじまってまだ手探りなところもありますが、より面白いものを作ろうと鋭意、努力中です! 役者たちが皆、オトナなので、現場はとてもやりやすいです。

石鍋幹太を演じるうえで心がけていること
できるだけ“一生懸命な男”を作ろうと思っています。ナシゴレン課のメンバーは確かにデタラメだけど(笑)、ナシゴレン課ならではのやり方で事件解決を目指している。そして何より、デカ長・風早恭子のスゴさを熟知している……。石鍋は年齢的には上ですが、新人刑事として、そんな皆さんのことをリスペクトしているのではないかなと思います。また、石鍋は熱血漢でもあるのですが、ナシゴレン課に溶け込もうと頑張っているので、頑なすぎる人間にならないようにとも、考えています。

島崎遥香の印象について
出演者の中で、いちばんオトナだなと思いますね。いちばん落ち着いていて、浮ついてない! しかも、あんなに小さくてかわいらしいのに、眉間にシワを寄せるのがとても似合うんですよ。
いつも最終的にデカ長が事件を解決に導くので、石鍋は彼女のことをかなり尊敬していると思います。それに、配属されてきたばかりの自分のことを気にかけてくれているのも伝わってくるので、人間的にも素敵な上司だと思いはじめているのではないかなと……。一緒に歌ったり踊ったりして石鍋も調子に乗っていますが、これから徐々に“デカ長にほめられたい!!”という意識が高まって来るのではないかと思っています(笑)。

視聴者へメッセージ
このドラマ、実はマジメに作っています! かなりデタラメな作品なのでとっつきにくいかもしれませんが、だんだん感覚がマヒしてくると思いますので(笑)、我慢強くついてきていただきたいですね! 最初は“なんだこりゃ!?”状態ではじまっても、回を重ねるにつれて視聴者の皆さんから“「ナシゴレン課」って面白いね!”という声が上がるようになったら、それこそすごく面白いなと思う。愛されるドラマになるよう、頑張ります!

最終更新:10/17(月) 5:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]