ここから本文です

英検2017年度「準2級」「3級」ライティング導入、4技能化へ

リセマム 10/17(月) 12:15配信

 日本英語検定協会は10月14日、2017年度第1回実用英語技能検定(英検)より、準2級と3級にライティングテストを導入すると発表した。昨今のグローバル人材の育成を目的とした日本の英語教育の流れに迅速に対応したもので、今回の改定により3級以上の全級で4技能化が実現する。

2017年度第1回検定からの検定料(税込)

 ここ数年、日本の英語教育は小学校、中学校、高等学校と継続して4技能(読む・聞く・話す・書く)を総合的に育成する方向で、さまざまな取組みが行われている。同協会では早期より実用英語技能検定における全級の4技能化に着手し、2016年度第1回検定より2級にライティングテスト、4級と5級にスピーキングテストを導入した。

 2017年度第1回検定より導入する準2級と3級のライティングテストは、記述式の自由英作文で、与えられた質問に対し自分の意見とその裏付けとなる理由を、適切な語彙と文法を使用しながら英文で論述する能力が問われる。

 出題内容は、中学校、高等学校の学習指導要領の目指す方向性と合致した設問であるとともに、国際標準規格CEFRレベル(準2級はA2レベル、3級はA1レベル)と整合性を持たせたものであるという。これまで出題されていた、短文中の語句整序問題は廃止される。なお、筆記試験の解答時間がこれまでより10分延長され、準2級は75分、3級は50分となる。

 また今回の形式改定に伴い、準2級と3級の検定料が値上げされる。改定後の検定料は、準2級の本会場では5,200円、準会場では4,800円。3級の本会場では3,800円、準会場では3,400円(すべて税込)。

 同協会では、4級と5級においてもできるだけ早い時期でのライティングテスト導入を目指しており、現在準備を進めているという。

《リセマム 荻田和子》

最終更新:10/17(月) 12:15

リセマム