ここから本文です

コキアでほうき作りに挑戦、参加者募集…国営ひたち海浜公園

リセマム 10/17(月) 14:15配信

 コキア(ほうき草)を使ってほうきを手作りするイベントが10月22日、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催される。園内を美しく彩る「コキア」を材料に、昔ながらのほうき作りに挑戦する。参加費100円。定員50名。当日受付。

こんな「コキアのほうき」が作れちゃいます(写真)

 「コキア」は、南ヨーロッパ原産のアカザ科ホウキギ属の一年草。秋は真っ赤に紅葉するなど、色彩が変化することでも人気がある。和名を「ホウキグサ」といい、昔はコキアの茎を乾燥させて、ほうきを作っていた。実は「とんぶり」と呼ばれ、畑のキャビアとして秋田県の名産となっている。

 国営ひたち海浜公園のみはらしの丘には、約3万2,000本のコキアがあり、10月16日ごろから紅葉の見頃を迎えている。丘一面が鮮やかな赤色に染まり、美しい光景で来園者の目を楽しませている。

 「コキアでホウキづくり」は、9月17日から10月23日まで国営ひたち海浜公園で開催されている「コキアカーニバル」の一環。みはらしの里パートナーの指導で、コキアを利用したほうき作りに取り組む。場所は、園内の古民家前広場。参加費100円。定員50名。申込みは、当日受け付ける。

◆コキアでホウキづくり
日時:2016年10月22日(土)10:00
※雨天時実施
場所:国営ひたち海浜公園の古民家前広場
定員:50名
参加費:100円
申込み:当日受付

◆コキアカーニバル
開催期間:2016年9月17日(土)~10月23日(日)
※期間中は無休
場所:国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4)
開園時間:9:30~17:00
入園料金:大人410円、小中学生80円、65歳以上210円
※団体料金や年間パスポートあり

《リセマム 奥山直美》

最終更新:10/17(月) 14:15

リセマム