ここから本文です

家電の使用状況から節電方法を提案、火災を防ぐコンセント清掃も提供

スマートジャパン 10/17(月) 13:10配信

 イオングループの家事支援サービス事業を手がけるカジタクと東京電力パワーグリッドは、このほど、カジタクのハウスクリーニングサービスに両社で共同開発した新メニューを加えたサービス「電気代節約診断・コンセント清掃付きハウスクリーニング」を開始した。カジタクのホームページを通じて販売する。

 今回開発したサービスでは、家電製品の利用状況などから電気の節約状況を診断する「電気代節約診断」や、電気火災の原因となるトラッキング現象の防止効果のある「コンセント清掃」を実施する。電気代節約診断は客の家電製品の利用状況などを問い合わせ、節電につながる使用方法を行わなかった場合と比較した現状の節約金額と、さらに節約できる余地を診断する。

 また、コンセントは定期的に清掃をしないと、コンセントに差し込んだプラグの差し刃間に付着した綿埃などが湿気を帯びて微小なスパークを繰り返し、やがて差し刃間に電気回路が 形成され出火するトラッキング現象を引き起こす。コンセント清掃は、それに対応して、コンセントとコンセント周りの清掃を行う。

 新サービスの開発には、カジタクの持つハウスクリーニングの運営・品質管理のノウハウおよび東京電力パワーグリッドの持つ電気の省エネ・安全に関するノウハウを活用した。

 カジタクは「とことん、便利な」社会のインフラを目指し、他企業との新メニュー開発を進めており、東京電力パワーグリッドは電気の安定供給と託送原価の低減を両立しながら、送配電事業以外の事業領域の拡大を検討する中で、このたびの業務提携を行うことにした。

 新サービスは、関東エリア(栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)で提供する。販売価格は1万2800円(税抜)。

最終更新:10/17(月) 13:10

スマートジャパン

なぜ今? 首相主導の働き方改革