ここから本文です

ホンダ中国販売46.5%増…シビック は4.3倍 9月

レスポンス 10/17(月) 9:45配信

ホンダの中国法人は10月11日、9月の中国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は12万0929台。前年同月比は46.5%増と、7か月連続で前年実績を上回った。

画像:ホンダの中国主力車

ホンダは中国において、東風汽車との合弁の東風ホンダ、広州汽車との合弁の広汽ホンダの2社を展開。9月実績は、東風ホンダが前年同月比53%増の5万7267台と、17か月連続で増加。広汽ホンダは41.1%増の6万3662台と、7か月連続のプラス。

広汽ホンダでは、『フィット』が、前年同月比37.9%増の1万1009台と、7か月連続で増加。『アコード』は1万5878台で、前年同月比は49.1%増と、4か月連続で前年実績を上回る。『クライダー』は8986台で、前年同月比は1.7%減と、9か月連続で減少した。『オデッセイ』は2.1%増の3908台と、2か月ぶりのプラス。2014年秋に投入された『ヴェゼル』は、86.7%増の1万5723台と、好調が続く。

東風ホンダでは、小型MPVの『ジェイド』が3473台。前年同月比は18%減と、14か月連続のマイナス。『CR-V』の9月実績は、前年同月比19.7%増の1万8786台と、6か月連続で前年実績を上回る。ヴェゼルの東風ホンダ版、『XR-V』は、21.9%増の1万4667台と好調を維持。『シビック』は新型投入により、前年同月の4.3倍の1万0391台と大幅増を保つ。

ホンダの2015年の中国新車販売は、前年比32.5%増の100万6332台。初の100万台超えとともに、過去最高を達成した。2016年の販売目標は、前年比6.3%増の107万台に設定している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/17(月) 9:45

レスポンス