ここから本文です

【天皇賞・秋登録馬】マイル王モーリス参戦!世界ランク2位エイシンヒカリなどライバルも多士済々

東スポWeb 10/17(月) 10:26配信

 GI第154回天皇賞・秋(30日、東京芝2000メートル)の登録馬が16日、JRAから発表された。別掲の通り、今年はフルゲート割れの15頭となった。

 今年のレースをより興味深くさせるのはマイル王モーリスの参戦。札幌記念では2着に敗れたが、折り合い面もクリアして内容は上々。今後は香港遠征でラストランを迎える予定で、マイルに続いて中距離戦線も制圧して種牡馬入りの手土産としたいところ。

 その前に立ちはだかるライバルも多士済々。一時は世界ランク首位で、現在も2位をキープするのはエイシンヒカリ。昨年は人気を裏切る9着に終わったが、その後の海外遠征で培った底力を国内でも発揮できるか。さらに昨年の覇者ラブリーデイ、ドバイターフでGI初制覇を果たしたリアルスティール、安田記念で復活を遂げたロゴタイプといったGI馬たちもスタンバイしている。

 GI未勝利組にもアンビシャス、アドマイヤデウスなど実力馬が多数おり、最注目は紅一点ルージュバック。毎日王冠では牡馬を一蹴しており、自慢の末脚で2010年のブエナビスタ以来となる牝馬天皇賞制覇なるか興味は尽きない。

最終更新:10/17(月) 11:22

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革