ここから本文です

ANA、燃油サーチャージ12月以降も引き続きゼロに

レスポンス 10/17(月) 10:28配信

全日本空輸(ANA)は、国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を、12月から1月に発券される航空券も燃油サーチャージを引き続き適用しないと発表した。

ANAグループでは、燃油サーチャージを2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。今回、8月から9月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり54.24米ドル、為替レートが1ドル=101.64円だった。シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は5513円となり、燃油サーチャージを適用する6000円を下回った。

このため、2016年4月から11月の発券分に続き、12月から1月に発券される全路線の航空券に燃油サーチャージをゼロとする。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/17(月) 10:28

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。