ここから本文です

染谷将太、ホアン・シュアン出演、チェン・カイコー監督作「空海―KU-KAI―」2018年公開

CDジャーナル 10/17(月) 17:22配信

 ベストセラー作家・夢枕 獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫 / 徳間文庫)を原作に、カンヌ映画祭でのパルム・ドールやゴールデン・グローブ賞外国語映画賞など数々の受賞経験をもつチェン・カイコーが監督を務める映画「空海―KU-KAI―」の製作がスタート。出演は、本作が海外初挑戦となる染谷将太、中国で好感度俳優第一位に選ばれた人気俳優ホアン・シュアンらが決定しています。

 中国・唐の時代を舞台に、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶“空海”と、詩人“白楽天”が首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る「空海―KU-KAI―」。日本・中国の共同製作となる本作はオール中国ロケで撮影され、湖北省・襄陽市に唐の都を完全再現。構想5年、総製作費150億円という破格のスケールで描かれるその内容について、染谷は「この毒々しくも美しい愛と哀しみの大事件と感動を、熱々の状態で皆様に届けられるよう日々撮影していきますので楽しみにしていてください」とコメントしています。

©New Classics Media Corporation and Kadokawa Corporation 2016

最終更新:10/17(月) 17:22

CDジャーナル