ここから本文です

リトル・ミックス、ゼイン・マリクに厳しい一言

cinemacafe.net 10/17(月) 14:45配信

「リトル・ミックス」が、ゼイン・マリクは自身のことを新曲で歌われていると事前に知るに値しなかったと苦言を呈した。

【写真】リトル・ミックス/フォトギャラリー

メンバーのペリー・エドワーズは昨年、ゼインから婚約解消されたことで深く傷つけられたことから、新曲「シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス」でゼインのことを非難するような内容を歌うことで仕返しを図っている。

インタビュー内でゼインに事前に警告したかと尋ねられたペリーは「ノー」と答え、ジェシー・ネルソンは「彼は事前に警告される権利があると思わないわ! 待って様子を見るしかないのよ」と続けた。

そんな新曲には「彼女がマシなセックスが出来ていることを願うわ。私みたいにフリをしてないことを願うわ、ベイビー」「『大嫌い』とう言葉やタトゥーに対してお礼を言うべきかもしれないわね。あ、そうそう、でも私は気にしていないから。どうせあなたを愛しているのかも疑問だったしね」という歌詞が含まれており、これがゼインと新恋人のジジ・ハディッドのことを歌っているとうわさされている。

そんなペリーだが、現在では俳優のルーク・パスカリーノと交際中で、すでに何度かデートに出かけていることや、新曲も聞いたということを「The Sun」紙に明かした。「何度か楽しいデートをしたわ。でもまだ始まったばかりなの。まだ始まったばかりの話だけど、そうね、彼はすごく素敵よ」。

そして新曲をルークがどう思ったかという質問に関しては「良いと思ってくれたみたい」と答えた。

ペリーとルークは先日、リー・アン・ピノックの25歳の誕生日パーティーで親密な様子が目撃されていた。ある関係者は当時、「2人は部屋の隅の方に行っていたので、パーティーのほかの人たちにあからさまなようにはしていませんでした」と語っており、別の関係者は以前、「ルークはペリーがゼインに求めていた全てを持っていますし、あの別れ以来初めてちゃんと付き合う気になったんです」と話していた。

(C) BANG Media International

最終更新:10/17(月) 14:45

cinemacafe.net