ここから本文です

CNBLUE ニューアルバム『EUPHORIA』オフィシャルインタビューを公開「今、この瞬間が幸せ」

エキサイトミュージック 10/17(月) 18:15配信

韓国出身の人気ロックバンド、CNBLUE。この度、10月19日に発売となる5作目のオリジナルニューアルバム『EUPHORIA』(よみ:ユーフォリア)について語ったオフィシャルインタビューが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

■■CNBLUE ニューアルバム『EUPHORIA』オフィシャルインタビュー

――日本デビュー5周年、そして5枚目のアルバム『EUPHORIA』が完成しました!

ジョンヒョン:今までみなさんにもらった応援への感謝の気持ちを込めて作ったアルバム、そして、ファンのみなさんに捧げるアルバムです。

ジョンシン:『EUPHORIA』はイタリア語で、“幸福”という意味。僕たちは5年間、みなさんにたくさんの幸せをいただいたから。

――リード曲「Glory days」はCNBLUEからファンに向けた曲ですよね。

ヨンファ:そうです。僕らは日本でバンドの何たるかを学んだじゃないですか。歌詞にある“最初の一歩”って、僕らが武者修行をしに日本にやってきた時のことなんだけど、そんな過去から、今の夢のように幸せな時間、そしてずっと先に待っている“誰も知らない場所”まで一緒に行こうっていうメッセージです。CNBLUEの歴史と、僕らの気持ちが詰まった曲です。

ジョンヒョン:うん、お客さんゼロのストリートライブから始めて、今では毎年アリーナツアーができるまでになれたのは、ライブに来てくれるみなさんがいるからだよね。

――『EUPHORIA』は“幸福”という意味ですが、最近“幸福”を感じたことは?

ジョンヒョン:僕は、いつも幸せに生きています。今を楽しむってことが、僕のポリシーだから。

ヨンファ:そうだね(笑)。僕も今、この瞬間が幸せです。でも先日、このアルバムのプロモーションで、サテライトスタジオで番組をやったとき、すごくたくさんのファンの方が来てくれたのは、うれしかったな。だって、みんなに会えたのが5月のツアー以来だったから。

ジョンシン:うん、その番組の中で『EUPHORIA』のリリースと、ツアーの発表をしたんだけど、みなさんの反応がすごかった! 喜んでくれているのがダイレクトに伝わって、すごく幸せな気持ちになりました。

ミンヒョク:僕も、今。ずっとそれぞれがドラマとかソロ活動とか、別々の仕事で忙しくて、『EUPHORIA』のプロモーションで久々に4人が集まったんです。家族とか友だちっていうのとはちょっと違う、特別な関係の僕らだけど、こうして会って、わいわい話をするのが幸せです。ツアーが始まれば、またしばらく一緒だけど(笑)。

――『In My Head』で日本メジャーデビューして5年。想像通りのペースで進んでいるんじゃないですか。

ヨンファ:ペースは想像以上ですよ。思ったより早くここまで来ました。日本デビューの時は夢ばかり膨らんで、“プラベートジェットでワールドツアーしたい”とか、大きなことばかり考えてたな~。今は、現実的ですよ。ワールドツアーは実現できたけど、プラベートジェットはまだ難しいってわかってます(笑)。でも、欲っていうのは果てしなくて、ひとつ望みがかなえばまた次の欲が出るものですよね。“今、成功してるのか”なんてことは、当事者にはわからないことだけど、振り返ってみると、一歩一歩着実に階段を上ってこれたかな……。上手くやれてると思います。

――この5年で、一番思い出に残っていることは何ですか。

ジョンシン:メジャーデビューを発表した、『392』の横浜アリーナでのライブ。インディーズ最後、そして初めてのアリーナ、初めてのセンターステージ。ヨンファさん、頑張りすぎて死にそうになってたよね、あの時(笑)。

ヨンファ:ステージを降りた瞬間に、倒れました(笑)。「In My Head」は、やっぱり思い出の曲だよね。日本の音楽チャンネルで、初めて「In My Head」のビデオが流れたのを見たときは感動したなぁ……。僕らのスタートの曲!

――11月2日の幕張メッセイベントホールを皮切りに、11月30日の日本武道館まで、約1ヶ月に渡る『CNBLUE 5th ANNIVERSARY ARENA TOUR 2016 -Our Glory Days-』が全国で開催されます。

ヨンファ:アニバーサリーなので、何かスペシャルなものはやりたいと思っています。新曲とかアレンジとかステージセットとか。ファンのみなさんに喜んでもらえるものを考えているので、楽しみにしていてください!

――12月10日、11日には幕張メッセで恒例の『2016 FNC KINGDOM IN JAPAN - CREEPY NIGHTS-』も行われます。事務所のアーティストたちが一堂に会す中、CNBLUEはどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょう。

ヨンファ:フェスなので、来てくれるのはCNBLUEのファンだけじゃないでしょ? だから、僕達のいいところを凝縮して見せられる、必殺のセットリストを用意しています。最高のライブをお見せしますよ!

最終更新:10/18(火) 17:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]