ここから本文です

【台湾】テスラがコストコに充電施設、展示販売も

NNA 10/17(月) 11:30配信

 米電気自動車(EV)大手、テスラ・モーターズの台湾法人である台湾特斯拉(台湾テスラ)は13日、米会員制量販店「好市多(コストコ・ホールセール)」台北内湖店に台湾で2カ所目となる車両の販売・充電拠点をオープンした。14日付工商時報などが伝えた。
 専用の充電スタンドを設置したほか、店外に設けたブースでスポーツサルーンの旗艦車種「モデルS」の展示および期間限定の試乗体験会も開催している。店頭での販売価格は公式ウェブサイトと同じだが、アフターメンテナンスのサービスを追加することも検討中という。
 台湾テスラは今後、台湾全域の好市多に専用充電スタンドを設置し、充電環境の整備を進める計画。同時に展示された実物の車に消費者が直接触れることで、より製品に親しみをもってもらうようにする。台北内湖店に続く2拠点目としては新北市の北投店を検討中という。好市多はこれまでも、福特六和(米フォード・モーター系)のコンパクトクロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)「クーガ」とセダン「マスタング」を200台超売り上げた実績がある。
 テスラは今年3月に台湾法人を設立し、6月から台湾版公式ウェブサイトでモデルSの予約受付を開始した。9月には台北市信義区の「新光三越百貨・台北信義新天地」に台湾旗艦店となる初の直営店を開設。台北信義新天地の地下駐車場には専用の超急速充電スタンド「スーパーチャージャー」を8台分設置した。直営店では試乗に訪れる人で連日行列ができ、当初2台だった試乗車両を5台に増やしたという。

最終更新:10/17(月) 11:30

NNA