ここから本文です

「テニスの王子様」劇場版アニメプロジェクト始動、原作者・許斐剛が製作総指揮

映画ナタリー 10/17(月) 11:23配信

許斐剛のマンガを原作としたアニメ「テニスの王子様」の劇場版プロジェクトが始動するとわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、10月16日に東京・日本武道館で行われたイベント「テニプリフェスタ 2016 ~合戦~」梅(Vai)の回にて発表されたもの。ステージには、サプライズゲストとして許斐が登場した。許斐が何か発表ごとをするときに使用する楽曲「サプライズ☆タイム」が流れると、彼は「バトンを次につなげないとね」とカウントダウンを始める。そしてスクリーンに「劇場版プロジェクト始動」の文字が映し出された。

さらに自身が製作総指揮を務めることも明らかにした許斐は「“ハッピーメディアクリエイター時々漫画家”が仕掛ける映画なのですごいものになると思います。期待を(いい意味で)裏切りますので楽しみにしていてください」とコメント。また「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の空白の期間を描くと話した。ファンは続報をお楽しみに。

(c)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

最終更新:10/17(月) 11:23

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]