ここから本文です

<清水富美加>TOKIO松岡の胸わしづかみ 女装姿に「嫉妬心しかない」 

まんたんウェブ 10/17(月) 14:54配信

 女優の清水富美加さんが17日、東京都内で行われた、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんが主演する連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の会見に登場。劇中で松岡さんが披露する女装姿について、「目鼻立ちがきれいで、髪形は流行のエアリースタイル。私より脚が細く、嫉妬心しかない」と苦笑した。

【写真特集】エプロン姿の清水富美加が可愛い! キュートな堀田茜も

 会見には、清水さん、松岡さんが演じる登場人物たちが所属する家政婦紹介所の同僚を演じる柴本幸さん、堀田茜さん、平田敦子さん、所長役の余貴美子さんも出席。清水さんは、松岡さんから「初日に胸をわしづかみされたんですよ」と暴露され、「きれいなお椀形で、つい(笑い)」と照れ笑いで認めていた。

 ドラマは、市原悦子さんや米倉涼子さんが主演した大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新たな家政婦作品。家事の腕は一流だが派遣先の家庭をめちゃくちゃに壊して再生させる“家政夫”三田園薫(みたぞの・かおる)の姿を描く。劇中では毎回、三田園が紹介する「とっさの染み抜き方法」や「洗濯物が早く乾く干し方」などの“お役立ち家事のHOW TO”も登場する。21日から毎週金曜午後11時15分(一部地域を除く)に放送。

最終更新:10/17(月) 16:31

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]