ここから本文です

映画「暗殺教室」新エピソードは松井優征全面協力、詳細とビジュアルが公開

コミックナタリー 10/17(月) 11:36配信

松井優征原作によるアニメ映画「劇場版『暗殺教室』365日の時間」が、11月19日から新宿バルト9ほかにて公開される。その最新ビジュアルと、これまで不明となっていた完全新作オリジナルエピソードの概要が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

完全新作オリジナルエピソードは、原作者・松井が脚本に全面協力。卒業から7年後に企画されたクラス会の前日譚という内容で、大人になった潮田渚と赤羽業が教室で再会する様子を描く。公開された最新ビジュアルでは、旧校舎の机に座る2人が殺せんせーに想いをめぐらす姿が披露されている。

また公開に合わせたイベントの開催も決定。初日11月19日には潮田渚役の渕上舞、茅野カエデ役の洲崎綾、主題歌アーティスト・宮脇詩音、殺せんせーが新宿バトル9で舞台挨拶を行う。翌日20日には渕上、洲崎に加えて殺せんせー役の福山潤、業役の岡本信彦が新宿バトル9、TOHOシネマズ川崎、横浜ブルク13にてトークする。チケットはローソンチケットが取り扱い、10月22日から26日にかけて抽選の先行販売が開始する。一般発売は11月5日。

「劇場版『暗殺教室』365日の時間」はテレビシリーズの内容をまとめた総集編と、新エピソードで構成。「暗殺教室」をファンタジー風の設定にしたアニメ「殺せんせーQ(クエスト)!」も同時上映される。

(c)松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会 (c)松井優征・渡邉築・??成/集英社・アニメ「殺せんせーQ!」製作委員会

最終更新:10/17(月) 11:36

コミックナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革