ここから本文です

松井秀喜氏、盟友・由伸監督にエール 「結果を受け入れて来年頑張って」

デイリースポーツ 10/17(月) 6:04配信

 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(42)が16日、初めて地元石川県の小松市で小学生を対象に野球教室を開催した。就任1年目を終えた高橋巨人に「終わってしまったこと。結果を受け入れて来年頑張ってほしい」とエールを送った。

【写真】ファンもん絶 上原との豪華2ショットに「戻って来て~」

 巨人は2年連続でV逸。チーム打率も・251で、開幕前にチームが掲げた・260には届かなかった。今春のキャンプで14年以来の臨時コーチとして指導。「一人一人、分かっているでしょうからね。個人的にはもちろん応援してますから」。坂本が打率・344と復活した一方で、期待の大田らは今年も結果を残せなかった。

 来年の春季キャンプについては「今は何も考えていない」と白紙を強調。この日は披露したフリー打撃で柵越えはなかったが、熱い打撃論で38人の少年少女が目を輝かせた。

最終更新:10/17(月) 7:20

デイリースポーツ