ここから本文です

比屋定篤子、キャリア初のベスト・アルバム『昨日と違う今日』をリリース

CDジャーナル 10/17(月) 17:22配信

比屋定篤子、キャリア初のベスト・アルバム『昨日と違う今日』をリリース

比屋定篤子、キャリア初のベスト・アルバム『昨日と違う今日』をリリース

 “沖縄在住唄うたい”ことシンガー・ソングライターの比屋定篤子(ひやじょう あつこ)が、ソニーミュージック在籍時代の楽曲を収録した初のベスト・アルバム『昨日と違う今日~比屋定篤子ベスト&レア』を11月23日(水)にリリース。本作の選曲は、“流線形と比屋定篤子”名義のアルバム『ナチュラル・ウーマン』(2009年)で比屋定と共演した、流線形のクニモンド瀧口が担当しています。

 アルバムは、「メビウス」「まわれ まわれ」といったシングル曲やアルバム曲をはじめ、南 佳孝とのデュエット「危険な関係」、大貫妙子のカヴァー「街」などアルバム未収録曲も最新リマスタリング音源で収録したベスト&レアな構成。比屋定は、「1997~1999年に発表した作品(シングル7枚、アルバム3枚)の中から厳選した、17曲入りベスト&レア。クニモンド瀧口氏(流線形)による選曲で、初めて作ったオリジナル曲から始まるアルバムとなりました。今、また多くの耳に届きますように。ゆっくり聞いていただけたら嬉しいです」とコメントしています。

最終更新:10/17(月) 17:22

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]