ここから本文です

ピレリとレッドブル、3日間で277周を走行 2017年ワイドタイヤテストを完了

TopNews 10/17(月) 16:59配信

ピレリは10月14日~16日、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで3日間の2017年F1ドライ用ワイドタイヤテストを完了した。今回担当したチームはレッドブルで、ドライバーはレッドブル・リザーブドライバーのピエール・ガスリー。ガスリーは、ピレリのワイドタイヤで277周を走行した。

●【2017年ピレリタイヤテスト】開発スケジュール

前日までメルセデスAMGがバルセロナで2日間のテストを行っていたが、低い気温と雨に見舞われ、ウェットタイヤテストに切り替えるなどしていた。

しかし、このアブダビテストは3日間とも好天に恵まれ、ガスリーはレッドブルの2015年マシンRB11を2017年ダウンフォースレベルにシミュレートしたクルマで走行。1日目は81周、2日目は103周、最終日には93周、3日間合計277周を走破した。

ピレリは、2017年開幕前のプレシーズンテストをバルセロナではなく温暖な気候が約束されているバーレーンで実施したい意向を示しているが、数チームはコストの増大を理由に反対している。

2017年F1ワイドタイヤテストには、フェラーリ、メルセデス、レッドブルの3チームがテストに協力しており、そのデータは全チームに共有されている。

最終更新:10/17(月) 16:59

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。