ここから本文です

『君の名は。』興収154億円を突破! 週末映画ランキングV8

cinemacafe.net 10/17(月) 16:49配信

現在大ヒット公開中の新海誠監督最新作『君の名は。』。この度、10月16日(日)までの公開52日間で、観客動員1,184万人、興行収入154億円を突破したことが分かった。

【写真】『君の名は。』ビジュアル

『君の名は。』は、夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。世界の違う2人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを、圧倒的な映像美とスケールで描き出した作品だ。キャストには、神木隆之介、上白石萌音をはじめ、長澤まさみ、市原悦子、成田凌ら俳優陣を始め、悠木碧、島崎信長、石川界人ら人気声優陣も出演する。8月26日に公開されるやいなや、その圧倒的な映像美と心を震わす感動のストーリーが話題となり、若い世代にとどまらず幅広い世代が劇場に殺到し、公開3日間で観客動員95万人、興行収入は12億円を記録した『君の名は。』。連日様々なメディアで特集が取り上げられるなど、ブームを超えて社会現象化している。

そんな中、さらに“新海ワールド”に魅了され、何度も劇場に詰めかけるリピーターが続出中で、未だその勢いは衰えず、この度公開52日間で動員数が1184万2,864人、興行収入が15,414,488,300円を記録し、週末映画ランキングでは8週連続首位を達成した(10月17日現在※興行通信社調べ)。

10月9日には「釜山国際映画祭」ガラ・プレゼンテーション部門に正式出品され、韓国でも大熱狂と拍手喝采に包まれた上映となった本作。また、「第60回BFIロンドン映画祭」では、長編アニメーション映画として国内外問わず史上初、公式コンペ「Official Competition」にノミネート。さらに、10月16日には「第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭」にて、Anima’t部門(アニメーション作品の部門)の最優秀長編作品賞にあたる「Award for Best Feature Length Film」を受賞する快挙も達成し、日本だけにとどまらず、海外にもその名を轟かせた。すでに世界89の国と地域での配給が決まっており、今後は台湾の10月21日公開を皮切りに、香港、イギリス、韓国と各国で順次公開。引き続き、海外の人たちの反応も楽しみだ。

『君の名は。』は全国にて公開中。

最終更新:10/17(月) 16:49

cinemacafe.net