ここから本文です

【国内映画ランキング】「君の名は。」がV8で興収154億突破!「何者」は2位スタート

映画.com 10/17(月) 21:15配信

 [映画.com ニュース] 10月15~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ブームを超えて社会現象化しているアニメ「君の名は。」が、週末2日間で動員34万7000人、興収4億6800万円をあげ、8週連続首位を獲得し、公開52日間で興収154億円に到達した。新海監督らによる新ビジュアルが発表されたり、スペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭でアニメーション部門の最優秀長編作品賞を受賞するなど話題にも事欠かず、引き続き好調を維持している。

 新作では、「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウの直木賞受賞作を映画化した「何者」が2位に初登場。全国297スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員13万1000人、興収1億8200万円を記録した。この成績は、主演の佐藤健の前作「世界から猫が消えたなら」の興収比98.5%となっている。若い層を中心に動員しており、10億円以上が期待できるスタートとなった。

 奥浩哉の大ヒットコミックをフル3DCGでアニメ映画化した「GANTZ:O」は、10月14日より公開され、初登場6位にランクイン。公開に合わせて、作中に登場するガンツバイク風にデザインされた、YAMAHAとのコラボバイクが完成。横浜、神戸の公開劇場に順次展示され、コラボを記念したポスタービジュアルも公開されている。

 新作はもう1本、西川美和監督が第153回直木賞候補作にもなった自著を、自身の監督・脚本により映画化した「永い言い訳」が10位にランクインしている。

最終更新:10/17(月) 21:15

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革