ここから本文です

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」新キャラクター・タイムはどうやって生まれた?

映画.com 10/17(月) 21:35配信

 [映画.com ニュース] ティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組んだ大ヒット作「アリス・イン・ワンダーランド」の6年ぶりとなる続編「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」のMovieNEX(ブルーレイとDVD、デジタルコピー、専用サイトのアクセス権のセット)に収録される特典映像の一部が、公開された。本作の新キャラクター・タイム(サシャ・バロン・コーエン)に焦点を当てたものになっている。

「アリス」の世界を一部紹介!「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」MovieNEX 特典映像:タイムはこちら!

 再びワンダーランドに舞い戻ったアリス(ミア・ワシコウスカ)が、悲しい過去にとらわれたマッドハッター(デップ)を救うために時間をさかのぼる冒険に繰り出すさまを描く。デップ、ワシコウスカに加え、白の女王役のアン・ハサウェイ、赤の女王役のヘレナ・ボナム・カーター、アブソレムの声を担当した故アラン・リックマンさんら前作のキャストが再結集。「ザ・マペッツ」のジェームズ・ボビン監督がメガホンをとり、バートンはプロデューサーとして参加している。

 時間の番人であるタイムは、本作の中核をなすキャラクター。半身人間・半身機械の不思議なキャラクターで、アリスが持ち出した時間をさかのぼる動力源“クロノスフィア”の持ち主でもある。本シリーズはルイス・キャロルの生み出した名作「不思議の国のアリス」を下敷きにしているが、ボビン監督は「タイムは原作に出てこない。彼は孤独で、周りにロボットしかいないんだ」と語る。原作中にタイム自体は登場しないものの、マッドハッターが「僕は去年の3月にタイムと口ゲンカしたから、このお茶会から動くことができないんだ」と語る場面があり、ボビン監督はその部分に着想を得て、タイムのキャラクターをゼロから生み出したという。

 映像では、タイムの魅力に迫ると共に、かたわらで支える機械仕掛けの相棒たち“ウィルキンズ”が「ほんとコキ使う」とぼやくユーモラスなシーンも収められている。ボビン監督は「ウィルキンズは優秀だが、タイムの助手を辞められない」と両者の関係性を解説している。

 「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」MovieNEXは、11月2日発売(ブルーレイとDVDのレンタルも同時)。デジタル配信は10月26日開始。

最終更新:10/17(月) 21:35

映画.com