ここから本文です

<AKB48島崎遥香>本読み直後は「自分にがっかり」 高飛車刑事役へ“女優の顔”も

まんたんウェブ 10/17(月) 18:30配信

 アイドルグループ「AKB48」を年内で卒業する島崎遥香さんが初めて刑事役に挑戦する主演連続ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(テレビ朝日、月曜深夜0時15分)が17日にスタートする。卓越した洞察力と推理力で捜査を一切せずに事件を解決する、自由奔放で高飛車な「警視庁 ナシゴレン課」の課長・風早恭子を演じる島崎さんは「せりふだけでは、そんなに高飛車な感じがないので、(演技で)高飛車感をどう出そうか考えています」と“女優の顔”で演技プランを練っていることを明かした。

 ドラマの企画・原作はAKB48グループ総合プロデューサーの秋元康さんで、作品は誰も捜査に出ることなく、すべての謎が刑事部屋で解決されてしまうという異色の刑事モノ。島崎さん演じる恭子は、年上だろうが常に上から目線で、まわりには“デカ長”と呼ばせている「ナシゴレン課」の課長。捜査は全て部屋でできると考えており、自ら部屋を出て捜査にあたることはほぼないに等しいのに、数々の難事件を解決していく。

 クランクイン前に取材に応じた島崎さんは、出演者が台本を読みながらせりふを合わせる“本読み”を終えた直後。「せりふを読んでみたのですが、全部分からなくなりました。(せりふの間やテンポが合わせられず)全然、ダメでした」と明かし、「自信があったわけじゃないですが、悲しくなるくらいに自分にがっかりしています」と悲しげな表情で語った。

 刑事役に初挑戦する島崎さんは「事前に、刑事作品をやらせていただけると聞いて、警視庁や刑事のこと、走って捜査して検証してみたいなものをイメージしていました。いろいろ調べました」と意気込んでいたが、「思いっきりコメディーで、全然違いました」と苦笑いする。

 今作は刑事部屋だけで繰り広げられる、いわゆる“ワンシチュエーションコメディー”。島崎さんは「初めてのことなので、撮影がとても楽しみ」と笑顔を見せ、「監督から『舞台のような感覚で』と言われたのですが、舞台での(演技の)経験がなくて『持ち帰らせていただきます』と言いました」と明かし、「これから勉強します」と意気込んだ。

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 22:29

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]