ここから本文です

超良血コロナシオン圧巻デビュー 母ブエナビスタ譲りの瞬発力

デイリースポーツ 10/17(月) 6:04配信

 「新馬戦」(16日、京都)

 G1・6勝を挙げた名牝ブエナビスタの初子、コロナシオン(牝2歳、父キングカメハメハ、栗東・池添学)が、直線一気の差し切り勝ちで1番人気に応えた。

 ルメールは「エンジンがかかるのに時間がかかったが、直線を向いてからは反応が良かった。重賞でもいける」と能力の高さを絶賛。池添学師は「直線で加速してからがすごかったですね。この馬の一番いいところは瞬発力。この先もっと良くなるでしょう」と笑顔をのぞかせた。昨年、この新馬戦を制したのは、今年のダービー馬で凱旋門賞にも挑戦したマカヒキ。今後の躍進に期待が集まる。

最終更新:10/17(月) 7:38

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]