ここから本文です

川崎重工とエアバス・ヘリ、新型ヘリコプターを共同開発へ

レスポンス 10/17(月) 14:00配信

川崎重工業は、欧州のエアバス・ヘリコプターズと共同開発したヘリコプター「H145//BK117 D-2型」を、販売開始すると発表した。

また、国内市場で従来のエアバス・ヘリコプターズによる直接販売に加え、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンを販売代理店に指名し、販売体制を強化する。

「BK117 D-2型」は、従来型「BK117 C-2型」の特長である多用途性に優れた後部の観音開きカーゴドアや、400万飛行時間を超える運用実績のあるローター駆動系統などを継承しながら飛行性能と安全性の向上を図った。

高出力エンジンの採用やメイン・ギアボックスの改良により、ホバリング性能を大幅に向上した。新型の自動操縦装置と最新式技術を用いた統合計器の採用で、パイロットの負荷低減を図った。

「ダクテッドファン方式」の新型テール・ローターの採用により、クラス最高の静音性を実現した。電子制御式高出力エンジンの採用により、エンジントラブルが起きた場合にもより安全な飛行が可能。エンジンの耐久性向上などにより、メンテナンスインターバルを延ばすことで、維持費の低減を図った。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/17(月) 14:00

レスポンス