ここから本文です

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』のテーマ曲“Songo di Volare”を作曲家クリストファー・ティン氏が担当することが発表

ファミ通.com 10/17(月) 17:27配信

●クリストファー・ティンへのインタビューを収録した動画も公開
 2Kから2016年10月21日発売予定のPC向けターン制ストラテジーゲーム『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』。同作にて、クリストファー・ティン氏がテーマ曲“Songo di Volare”を作曲したことが発表された。

 あわせて、クリストファー・ティンへのインタビューを収録した動画と、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション IV』のテーマ音楽、“Baba Yetu”のオーケストラによる演奏を収録した動画も公開された。


■クリストファー・ティン インタビュー動画
 クリストファー・ティン氏が『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の新しいテーマ曲、“Songo di Volare”誕生のいきさつについて語っている。

■“Baba Yetu”オーケストラ演奏動画
 クリストファー・ティン氏が作曲し、グラミー賞にも輝いた『シヴィライゼーション IV』のテーマ曲、“Baba Yetu”を、彼自身が指揮する様子が収められている。2016年7月19日にロンドンのカドガン・ホールで行われたこのコンサートでは、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏を担当、エンジェル・シティー合唱団、プリマ・ボーカル・アンサンブル、そしてルーキスが歌声を響かせている。

最終更新:10/17(月) 17:27

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]