ここから本文です

土屋太鳳、片寄涼太&千葉雄大と仲良しショット!少女コミック実写化で劇中コス披露

シネマトゥデイ 10/17(月) 20:33配信

 土屋太鳳と GENERATIONS from EXILE TRIBE の片寄涼太、千葉雄大ら旬の若手俳優主演で人気少女コミックを映画化する『兄に愛されすぎて困ってます』(2017年夏公開)から、劇中衣装に身を包んだ、土屋たちのスリーショットが公開された。

 原作は、少女漫画誌「Sho-Comi」(小学館)で連載中の夜神里奈による人気コミック。告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋)と、彼女を見守るヤンキーでツンデレ系なイケメン兄・橘はるか(片寄)、そしてせとかの憧れの人・芹川高嶺(千葉)が織り成す青春ストーリーが描かれる。

 公開されたのは、劇中衣装に袖を通した3人を捉えたスリーショット。真ん中に写る土屋と、彼女と腕を組む片寄と千葉の和やかな表情から、仲の良い現場の雰囲気がそのまま伝わってくるようだ。また片寄は、髪型に制服、ヘッドホンに至るまで原作の雰囲気を完全再現。漫画からそのまま飛び出してきたかのような姿に期待が高まる。

 これまで、『orange-オレンジ-』や『青空エール』でも女子高生を演じてきた土屋は今回、イケメンたちに囲まれた人生初のモテ期にパニくる恋愛体質女子役に挑戦しており、これまで以上にポップでキュートな演技を披露。また千葉も、普段の柔らかいイメージとは違った超ドSな毒舌キャラを熱演。原作とは少し異なる設定の高嶺を、オトナの色気たっぷりに演じており、若手キャストたちそれぞれが見せる新境地にも注目の一本になっている。(編集部・入倉功一)

最終更新:10/17(月) 20:33

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]