ここから本文です

落語で復興後押し 国見でJT応援プロジェクト 柳家三三師匠ら出演

福島民報 10/17(月) 10:14配信

 東日本大震災復興支援「JT応援プロジェクト」の落語会は16日、福島県国見町観月台文化センターで開かれ、人気落語家の柳家三三(やなぎや・さんざ)師匠が会場に笑いを届けた。
 福島民報社などの主催、県、県教委の後援、サンケイリビング新聞社の協力、JTの協賛。
 町内外から約80人が訪れた。二つ目の春風亭朝之助さんが前座を務めた後、三三さんが高座に上がった。三三さんは古典落語のネタに加え、現在の落語界や世相を、笑いを織り交ぜてテンポよく語った。
 プロジェクトは震災で被災した地域社会の復興、再生、活性化に貢献するのが目的。本県と岩手、宮城両県で将棋や落語、バレーボールを実施している。

福島民報社

最終更新:10/17(月) 11:52

福島民報