ここから本文です

『ドラゴンネストR』闇堕ちしてないのに闇属性の新クラス・アークヘレティックの実力をチェック!【全員プレゼントあり】

ファミ通.com 10/17(月) 18:02配信

文・取材:編集部 ミス・ユースケ

●10月のアップデート情報をまとめてどうぞ
 NHN ハンゲームはPC用オンラインアクションRPG『ドラゴンネストR』において、2016年10月19日にアップデートを実施する。

 このアップデートの目玉はクレリックの外伝キャラクター“アークヘレティック”実装だ。キャラクターの特性や各種アップデートの詳細を、日本サービスプロジェクトリーダーを務めるYAMAMOTO氏に解説していただいた。

●信仰は厚いが異質な聖職者・ヘレティック
 『ドラゴンネストR』における“外伝キャラクター”とは、既存のクラスをベースにしているものの、異なる特性や背景ストーリーを持つキャラクターのこと。

 ウォーリアー系列の“ダークアベンジャー”、アーチャー系列の“シルバーハンター”に続く、3つ目の外伝キャラクターが、クレリック系列の“アークヘレティック”だ。キャラクターを作成すると“ヘレティック”に転職した状態でゲームがスタートし、Lv50の覚醒クエストを経て“アークヘレティック”になる。

 『ドラゴンネストR』は女神アルテアによって創造された世界が舞台。クレリックは女神アルテアの敬虔な信徒である。女神が見る悪夢がモンスターや災害として顕現すると考えられており、その脅威を排除しようというのが一般的なクレリックたちの方針だ。

 ヘレティックたちも女神アルテア信徒には違いないが、考えかたが少し異なっている。「その悪夢も女神の一部。すべて受け入れて制御していこう」というのが彼らの言い分。いわゆる“闇堕ち”キャラというわけではないのだ。

 ファンタジー世界では“聖職者は刃物を持たない”のが通例となっているが、アークヘレティックの武器は蛇腹剣。異端者なので問題なし。

 続いて、性能面を見ていこう。クレリック系列ではあるものの、タンカーでもヒーラーでもなく、役割は闇属性アタッカー/ダメージディーラー。見た目どおりである。

 ヘレティックのメイン武器はメイスで、得意なレンジは近距離戦だ。「カナージとギルティアタックがヘレティックのキモになるスキルです」とはYAMAMOTO氏の弁。

 カナージはその場で武器を振り回すスキルだ。スキルチャージシステム(※)に対応しており、なんと20回ぶんもチャージ可能。しかも、クールタイムが1秒と短いため、ひたすら使い続けられるのだ。通常攻撃の代替スキルとも考えられ、カナージを20連発した場合の理論上のヒット数は最大125ヒット。

(スキルチャージ:スキルの使用回数をスタックしておくシステム。クールタイムが経過するごとにチャージされていき、溜まっている回数ぶんだけスキルを連発できる)

 カナージを活用するために重要なスキルがギルティアタックである。これは回避行動を取った際にクリックすると発動する、いわゆる回避攻撃。発動後にクリックを押し続けるとカナージに連携可能だ。つまり、

<カナージ連発→敵の攻撃モーションを見て回避&ギルティアタック→安全圏に移動して再びカナージ連発>

 こんな感じで、途切れることなく攻撃をくり出せるのだ。ギルティアタックはスキルLvマックスまで取得するとクールタイムが2秒まで短縮されるので、連発もしやすい。既存の外伝キャラクターと比べて操作難度が低いので、初心者でもうまくなった気分を味わえるのもうれしい。

使用スキル カナージ→ギルティアタック

 自己バフ、敵へのデバフ、回復スキルを完備しているのもアークヘレティックのポイントである。ランドカラプションはバフ地帯を発生させるスキルで、範囲内にいるとアクション速度が向上し、スキルが命中するたびにHPも回復。カナージ&ギルティアタック回しによる戦闘の安定度がグッとアップする。

 デバステーションは“煉獄冥気”というポイントを消費して発動させる範囲攻撃スキル。発動時に隙はあるが、前方を中心にやや後方までカバーでき、さらに移動速度30%ダウンを3秒間持続させる効果もある。なお、煉獄冥気はカナージなど一部スキルをヒットさせると100ポイントまで溜まっていく。

使用スキル デバステーション

 ヘレティックは変身スキル“アークフォーゼ”でアークヘレティックに覚醒すると本領発揮。武器が蛇腹剣に変化し、一部スキルが強化。威力、攻撃範囲、アクション速度が飛躍的にアップする。持続時間100秒で、クールタイム10秒なので、常時変身していられる。

 クラスマスタリーIを取得すると“煉獄冥気”が溜まりやすくなるほか、ランドカラプションの回転率がアップ。スキル説明にある“ナイトメアスキル”とは一部を除くメインスキルのこと。カナージもナイトメアスキルに分類されるので、殴りまくっているうちに使用準備が整うのだ。

 ランドカラプションやデバステーションを最大限に活用するには、敵を1ヵ所に集めるのがベター。そんなときに便利なのがカオティックシールドだ。これはシールドを投げつける遠距離攻撃で、広範囲の敵を集める効果を備えている。パーティープレイ時にも活躍しそうだ。

使用スキル アークフォーゼ→カオティックシールド

 さらに、強力なデバフ効果も見逃せない。アークヘレティック化すると、カナージ連携用スキルのエクスキュートにダメージ20%アップのデバフ効果が追加される。全属性耐性を20%減少させるイビルハンドと併用すると非常に強力だ。イビルハンドからは単独でも強力なサベージアタックに連携可能。敵に40%分のダメージアップ効果が乗ったところを追撃できるので、その効果は非常に大きい。

 さらに、自分の闇属性の攻撃力を40%上げるブルータルソウルをあらかじめ使っておけば、尋常じゃないダメージを叩き出せる。何かもう、すごいぞ。

 個人的に気になったのは、上のスキル説明にもあるソウブレード。前方で蛇腹剣を回転させ、出しているあいだはずっとヒットし続ける。ソウ(ノコギリ)という名前が示すとおり、丸ノコみたいなスキルである。えぐい。さすが異端者。

 もうひとつの注目スキルがデッドリーブロウだ。見た目はシンプルな突進攻撃なのだが、クラスマスタリーIIを取得すると、一種のロマンスキルに進化。なんと1秒ごとに攻撃力が50%ずつ上がっていき、最大で1000%(つまり10倍)にまで達するのだ。カナージへの連携も可能なので、コンボに組み込むと強力である。

使用スキル エクスキュート→イビルハンド→サベージアタック→デッドリーブロー

 クレリックはタンカー&ヒーラーということもあり、派手な攻撃スキルは少なかった。だが、アークヘレティックは違った。適度に派手で爽快感がある。クレリックのなごりとしてヒールも使えるし、ダメージの9%回復する範囲攻撃スキル・ソウルスティールを使えば回復しながら戦える。バフとデバフと回復を使いこなすダメージディーラー。一般的なRPGでいうところの勇者ポジションなのかもしれない。丸ノコでじわじわ攻撃するけど。

アークヘレティック コンボ例
エクスキュート→イビルハンド追加入力サベージアタック→デッドリーブロウ→カナージ追加入力クイックダッシュ→ギルティアタック→カナージ追加入力クイックダッシュ→ギルティアタック…


 外伝キャラクターは作成できる期間が限られている。今回は2016年10月19日のアップデート後から、つぎの11月アップデートまで。この期間はダークアベンジャーとシルバーハンターも作成可能だ。この機会を逃すと、つぎの外伝キャラクター・ナイトメアマギカ実装まで作成できないのでお忘れなく。

 期間中にヘレティックを作成すると、Lv60で開封可能な箱がもらえる。中に入ってるのはLv60用の武器や防具、紋章といったひととおりの装備。同時にLv93用の箱も手に入り、こちらにはLv93烈躯のコアトル装備セット(+8)と専用乗りもの“ヘレティフォースウルフ”、マジック等級アバター一式が入っている。どちらも30日経過で消滅するので要注意だ。

●アークヘレティック以外のアップデート
■Lv93用新ダンジョン

 アークヘレティックの実装と同時に、Lv93用の新ダンジョンがふたつ追加される。ラダメスにあるファルシュ廃棄地域のゲートから入場できる“シュカの秘跡”と“ロコの砂丘”だ。

 2015年12月に実装された“レデガスの丘”や“バロコの泉”と同じく、ランダムステージの“ティラール辺境地”につながっており、固定ステージを攻略するとティラール辺境地に移動するポータルが開く。仕組みは同じとはいえ、ランダムステージは新しいマップ構成になっているため、攻略するにも力が入る。

 ランダムステージでは一定の確率でイベントが発生する。助っ人として登場するボスが違う以外は、イベントの中身はこれまでとほぼ同じとのこと。

■成長ガイドの実装

 『ドラゴンネストR』はLvカンストまでがとても早い。新規プレイヤーが1日2時間遊んだとして、2~3週間もあればLv93(2016年10月現在の最大Lv)まで到達可能だ。そこから装備集めやエンドコンテンツに挑戦するのが楽しいのだが、これまでは明確な指針がなかった。

 そこで、何をすればいいかわからなくて困る新規プレイヤーのために、“カンストしてからの成長ガイド”が実装される。成長ガイドはミッション形式。お題を達成するごとにLv93用の装備やアイテムが入手できる仕組みだ。

■装備図鑑

 こちらもプレイ目標をすぐに確認できる便利機能。クラスやLv帯、強化値といった検索条件を入力すると、合致する装備がずらりと表示される。装備は下に行くほど強く、装備中のアイテムには星マークが表示。入手場所も確認できるので、いまより強い装備を手に入れるにはどのダンジョンに行けばいいか、一目瞭然だ。

■パーティ報酬システム

 こちらはコミュニティーを支援するシステム。パーティでダンジョンに挑むと“パーティ報酬点数”がキャラクター別に累積され、10,000ポイントに達すると追加報酬として“パーティ報酬ボックス”がもらえる。ダンジョンのタイプによって点数は異なり、通常ダンジョン、4人制ネスト、8人制ネストの3段階で判定。累積されたポイントは毎週土曜日9:00にリセットされる。

 注目は、新規プレイヤーや復帰者がパーティメンバーにいるとボーナスポイントが追加される点。新規や復帰の判定は、専用の称号(新しい勇者/クロニクル冒険者/帰ってきた冒険者)をセットしているかどうかで行われる。

■キャラクター選択・作成画面リニューアル

 キャラクター選択・作成画面が、ファンタジー世界っぽい感じにリニューアル。1画面で表示される人数が5キャラから6キャラに増え、名前の横にクラスアイコンが配置されたため、キャラクターを探しやすくなった。作成画面では各キャラクターの転職先の動画や説明テキストを閲覧可能に。

■Lv90レジェンド等級の竜珠アイテム追加
 Lv90レジェンド等級の武器や防具に装着できる竜珠(装備に能力を付与するアイテム)が追加される。再封印は1回のみで、分解・強化は不可。さすがに入手難度は高く、ヘイズアイズドラゴンネスト(ハードコア)でのドロップで手に入る。また、時空の庭園にある【闇の女神官】マドレーヌのドラゴンのウロコ商店にて、Lv90レジェンド属性付与竜珠を購入できるように。

■決戦!ドラゴンネスト改修
 ドラゴンは『ドラゴンネストR』を象徴する強大なボス。シードラゴン、グリーンドラゴン、イエロードラゴン、ブラックドラゴンの4体については、いきなりドラゴン本体と戦う“決戦!ドラゴンネスト”というステージがあるのだが、これがあまりにも弱かった。
 クエストで通過するのが前提のステージとはいえ、あまりにも歯ごたえがないのはいかがなものか。ということで、“決戦!ドラゴンネスト”に出現するドラゴンのHPを大幅にアップ。一定時間を過ぎると英雄NPCたちが助けてくれるので、腕に覚えがなくても安心だ。合わせて、クエスト報酬として“ラッキーメダル”が追加される。

■“女神の夢袋”の構成品改修
 ランダムでアイテムが手に入る“女神の夢袋”の中身が変更に。竜珠や竜珠強化材料アイテムがLv93用になり、特上級アルテウムが削除され、代わりにガーネットが追加。さらに、物理・魔法攻撃力を高めるユニーク等級称号“女神の称号チケット-涙の数だけ強くなった”が追加された。

 2016年10月19日実装の要素はだいたいこんな感じだ。実装と同時にカムバックキャンペーンが始まり、10月26日からはアークヘレティックを対象としたWebビンゴイベントがスタート。ビンゴのマス目がゲーム内のミッションになっていて、達成するとその目が空く。ビンゴをすべて完成させると、アバター一式が手に入るとのこと。

 11月には新ダンジョン“グラノームネスト”が控えており、12月にはカーリーの覚醒、2017年1月にはナイトメアマギカと、月イチペースで中~大規模アップデートを実施する『ドラゴンネストR』。

 2016年10月18日の夜にはニコ生番組“アークヘレティック実装前夜祭”の配信が予定されている。ひとまずこちらを視聴しつつ、新クラスの実装を待っていただきたい。

----------

■アークヘレティック実装記念 読者プレゼント
 新クラス実装を記念して、ファミ通.com読者にゲーム内アイテムをプレゼント。装備の強化に便利なアイテムなので、既存プレイヤーも、新規プレイヤーも、カムバック組もご活用ください。

【アイテム名】
「アイテム保護魔法ゼリー 10個」
効果:+7以上の強化に挑戦する際に使用でき、アイテムの破壊を防ぐことができる。

【入手方法】
下記のリンクからシリアルコード入力ページにアクセスして、コードを入力してください。ゲーム内のエクストラインベントリに届きます。
(※1ハンゲームIDにつき1つまで)

ファミ通.com読者用シリアルコード入力ページはこちら

【シリアルコード】
7AW8-KMDK-RDPC-NGV9

【入力有効期限】
2016年10月31日(月)23:59まで

【アイテム受取期限】
シリアルコード入力後14日間

最終更新:10/17(月) 18:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]