ここから本文です

リクルート、米国の自律走行型配達サービスロボット開発企業に出資

レスポンス 10/17(月) 15:23配信

リクルートは、投資子会社のRSPファンド6号を通じ、自律走行型配達ロボットを提供する米サビオーク社へ出資を行うと発表した。

昨今、ロボットや人工知能技術の大幅な進展によりさまざまな領域でロボットによる業務サポートや、それによる業界の進化等が期待されている。サビオーク社は、手間のかかる作業や単純作業などを代替する自律走行型配達ロボット「Relay」を開発・提供。同社のサービスは現在ホテルを中心に導入されており、トイレ用品やリネン、食事などをRelayが代わって運ぶことで、ホテルスタッフが本来注力すべき顧客満足のために時間を使えることを可能にしている。

リクルートは今回の出資を通じて、今後普及が予想される同サービスの拡大に同社と取り組んでいく予定だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/17(月) 15:23

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。