ここから本文です

三星さん(美里)知事賞 県短歌祭入賞者を表彰 福島

福島民報 10/17(月) 10:17配信

 福島県内の歌人が詠んだ短歌を批評する県短歌祭は16日、福島市の福島グリーンパレスで開かれた。一般の部最高賞の知事賞に三星慶子さん(会津美里町)の「虚無僧の雪形見せる磐梯山(ばんだい)を仰ぎ蒔きゆく長葱の種子」が輝いた。
 県歌人会、県芸術文化団体連合会、県、県教委の主催。約200人が出席した。一般の部に269首、ジュニアの部(小学校・中学校・高校)に768首が寄せられた。
 今野金哉県歌人会長、鈴木武実行委員会長があいさつし、短歌結社「新アララギ」の雁部貞夫代表が作品を批評した。今野会長が三星さんらを表彰した。

福島民報社

最終更新:10/17(月) 12:06

福島民報