ここから本文です

ホンダの新型燃料電池車 クラリティ、米国発売は2016年末に決定

レスポンス 10/17(月) 16:17配信

ホンダの新型燃料電池車、『クラリティ フューエル セル』。同車に関して、米国での発売時期が決定した。

これは10月上旬、ホンダの米国法人、アメリカンホンダが明らかにしたもの。「クラリティ フューエル セルに2016年末、米国カリフォルニア州で発売する」と公表している。

クラリティ フューエル セルは2015年10月、東京モーターショー15でワールドプレミア。5名乗車が可能な実用性の高い市販燃料電池車として登場した。

量産燃料電池車としては世界で初めて、燃料電池スタックおよび駆動システムを、フロントのボンネット内部に収めることに成功。これにより、優れたパッケージングを生み出す。

今回、クラリティ フューエル セルの米国発売が、2016年末に決定。カリフォルニア州ロサンゼルスとオレンジ郡の一部ディーラーで、取り扱いを開始する。アメリカンホンダのスティーブ・センター副社長は、「ゼロエミッションのクラリティ フューエル セルの販売開始に興奮している。動力性能や安全性などに対する顧客のニーズに見合うと確信している」とコメントした。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/17(月) 16:17

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。