ここから本文です

「君の名は。」がポニョ以来の150億円突破

デイリースポーツ 10/17(月) 12:33配信

 東宝は17日、新海誠監督の「君の名は。」が16日までの52日間で興行収入150億円を突破したと発表した。

【写真】ヒロイン声優が感激、感涙歌手デビュー

 邦画での150億円突破は2008年の「崖の上のポニョ」(155億円)以来8年ぶり。観客動員も1184万人を越えた。日本映画歴代興行収入ランキングでは1位は2001年の「千と千尋の神隠し」で308億円、2位は「ハウルの動く城」の196億円、3位は「もののけ姫」の193億円だが、このままのペースで行けば、ベスト3に食い込む可能性も出てきた。

 「君の名は。」は、ジブリ以外のアニメで初めて100億円を突破。日本だけにとどまらず、韓国・釜山国際映画祭での公式上映や、スペインのシッチェス映画祭でも最優秀長編作品賞を受賞。すでに世界89の国と地域での配給が決まるなど、世界的にも注目を浴びている。

最終更新:10/17(月) 13:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]