ここから本文です

「君の名は。」「シン・ゴジラ」絶好調 東宝、通期業績も大幅に上方修正

ITmedia ビジネスオンライン 10/17(月) 15:40配信

 東宝は10月17日、2017年2月期通期の業績予想を上方修正し、売上高に当たる営業収入が当初予想から173億円増の2340億円、営業利益は140億円増の470億円へと大幅に増える見通しだと発表した。

【「君の名は。」新ビジュアルも公表された】

 主力の映画事業で定番のアニメ作品が好調だった上、7月末に公開した「シン・ゴジラ」のヒットで中間期の業績が当初予想を上回った。さらに8月末公開の「君の名は。」が興行収入150億円を超えるなど、同事業は大幅に伸びる見通し。演劇、不動産の両事業も堅調なことから、大幅に上積みする形で通期見通しを修正する。

 「君の名は。」は10月16日(公開52日)時点で興行収入154億円、観客動員1184万人を突破した。

最終更新:10/17(月) 15:40

ITmedia ビジネスオンライン