ここから本文です

現実の試合がまるでサッカーゲームに! さまざまな視点でサッカーを見られる「自由視点映像」の臨場感がすごい

ねとらぼ 10/17(月) 22:10配信

 浦和レッズの優勝で幕を閉じたJリーグYBCルヴァンカップ決勝戦。この試合で開発中の映像技術「自由視点映像生成システム」の実証実験が実施され、ハイライト映像が公開されています。

【サッカーゲームのような視点】

 スタジアムの全周にカメラを配置し、ソフトウェアで同時にコントロールして試合を撮影。その映像データを画像処理技術で「自由視点映像」として生成することで、さまざまな視点・角度から試合映像を見ることができるというものです。ピッチの間近で立体的に移動する視点はまるでサッカーゲームのよう。臨場感すごいなこれ……!

 実証実験はJリーグのトップパートナーであるキヤノンの協力を得て実現したもの。この技術によって将来的には、特定の選手やシーンを自分の好きな視点・角度で視聴するといったことも可能になるそうです。

最終更新:10/17(月) 22:10

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。