ここから本文です

【ロサンゼルスモーターショー16】ホンダ シビック 新型にスポーティな「Si」…ターボ搭載へ

レスポンス 10/17(月) 17:30配信

ホンダの米国主力車種、『シビック』。同車の新型に間もなく、スポーティグレードが追加されることが分かった。

画像:ホンダ シビック 新型

これは10月13日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が明らかにしたもの。「11月14日に開幕するロサンゼルスモーターショー16において、ホンダが『シビック Siターボ』を初公開する」と発表している。

『シビックSi』は、米国仕様のシビックに設定されてきた伝統のスポーティグレード。先代モデルでは、2.4リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンを積んでいた。最大出力は201ps、最大トルクは23.5kgm。6速MTと組み合わせられ、ホンダの自然吸気エンジンらしく、高回転域まで気持ちのいい回転フィールが特徴。

2014年モデルでは、排気系のチューニングが見直され、最大出力は205ps、最大トルクは24.1kgmに向上。従来比で最大出力は4ps、最大トルクは0.6kgm引き上げられた。

ロサンゼルスモーターショー16では、新型シビックSiがデビューする予定。車名がシビック Siターボと公表されている通り、ターボエンジンを搭載する。最強の「タイプR」と標準グレードの間に位置するスポーティグレードとして、登場することになりそうだ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/17(月) 17:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。