ここから本文です

デンソーと東芝、自ら学習する画像認識AIを共同開発 運転支援・自動運転実現へ

ITmedia ビジネスオンライン 10/17(月) 15:57配信

 デンソーと東芝は10月17日、画像認識システム用の人工知能(AI)技術を共同開発すると発表した。自動運転や高度運転支援の実現に向けて、高性能な画像認識システムの実用化を目指す。

 人間の脳の神経回路をモデルとしたアルゴリズム「ディープニューラルネットワーク(DNN)」の技術によって、障害物などを自ら学習、認識できるシステムを開発する。従来の画像認識技術では、車が走行できる空間、障害物や標示、危険が予想されるシーンなどをあらかじめ学習させる必要があった。DNNを用いたシステムは、自ら対象物の特徴を抽出できるため、多様な対象物の認識や精度の向上が見込めるという。

 両社が自主開発してきた技術を活用し、実用化に向けた開発を加速させる。車載用装置に実装できるようにするため、小型化や省電力化などの開発を行う。専用ハードウェア化し、東芝の車載用画像認識プロセッサ「Visconti」シリーズなどに実装することで、画像認識処理の性能向上や消費電力の低減を目指す。

最終更新:10/17(月) 15:57

ITmedia ビジネスオンライン