ここから本文です

ホンダ新型「フリード」、発売1カ月で受注2万7000台超

ITmedia ビジネスオンライン 10/17(月) 16:19配信

 本田技研工業は10月17日、コンパクトミニバン「フリード」「フリード+(プラス)」の累計受注台数が発売1カ月で2万7000台超に上ったと発表した。月間販売計画(6000台)の4倍以上と、好調に推移している。

【新型フリードのインテリア】

 人気の5ナンバーミニバンをフルモデルチェンジ。安全装備の充実や室内空間の拡大といった改善を図り、3列シートのフリードに加え、車中泊にも便利な2列シート搭載のフリード+も設定。フリードは188万~272万8200円(税込)、フリード+は190万~274万8200円(同)。

 受注のうちフリードのハイブリッド車が38%、同ガソリン車が36%を占め、フリード+のハイブリッド車が15%、同ガソリン車が11%。

 グレード別では、安全機能「Honda SENSING」搭載グレードが多くを占め、標準搭載を含め「Honda SENSING」装着率は82%に上っている。

 幅広い層が購入しているが、フリードは子育て層、フリード+は独身・子離れ層が多い傾向があるという。

最終更新:10/17(月) 16:19

ITmedia ビジネスオンライン