ここから本文です

富士通、同社製スマートフォン/タブレット用ACアダプタ約30万台の無償交換を実施――感電の恐れ

ITmedia PC USER 10/17(月) 16:34配信

 富士通は10月17日、同社製スマートフォン/タブレット用の一部ACアダプタにおいてプラグ部分の脱落により感電の原因となる可能性があると発表、本日より無償交換の受付を開始する。

 対象となるのは、2014年10月から2016年8月に生産された同社製スマートフォン/タブレットPC「arrows M03」「arrows M02」「arrows RM02」「ARROWS M01」「arrows Tab M01T」「ARROWS M305」「ARROWS M305/KA4」「ARROWS Tab M555/KA4」の計8機種に付属するACアダプタ(およびオプション販売品)。型番は「FMV-AC346」で、計29万8780台が該当するとしている。

 なお該当製品については、これまで5件のプラグ部分脱落が確認されているが、現時点では人的被害は発生していない。今回の無償交換については「今後の感電事故の未然防止に向けた予防措置」と説明している。

最終更新:10/17(月) 16:34

ITmedia PC USER