ここから本文です

タクシー、初乗り410円なら月間利用回数は2回以上増加…都内実証実験

レスポンス 10/17(月) 19:30配信

国土交通省は、8月5日から9月15日まで都内4か所のタクシー乗り場で実施した初乗り運賃を410円に引下げる実証実験の結果を発表した。

東京のタクシー初乗り運賃(普通車)は現在、初乗り2kmまで730円、以降280mごとに90円となっているが、実証実験では、初乗り1.059kmまで410円、加算運賃は237mごとに80円で設定。新橋駅東口、浅草駅前、新宿駅東口、東大病院前の4か所のタクシー乗り場で実施した。

期間中の全運送回数は合計1万5071回(新橋9830回、浅草1036回、新宿1858回、東大病院2347回)、利用者から得た合計1万0368件の(日本人1万0201人、外国人167人)のアンケート結果をまとめた。

それによると、日本人利用者の60%が410円タクシーになれば利用回数が増えると回答。回答結果を平均すると、410円タクシーの導入により、タクシーの利用回数は現在の月4.8回から月7.0回へ45.8%%増加するとの結果が得られた。また、外国人利用者の76.0%が、410円タクシーは「安価」または「適当」と回答した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/17(月) 19:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。