ここから本文です

”不当に税金還付”前ロッテ物産社長、容疑を否認=韓国

WoW!Korea 10/17(月) 17:16配信

虚偽の会計帳簿を利用し、政府を相手に200億ウォン(約20億円)台の訴訟詐欺をおこなった容疑(特定犯罪加重処罰法上租税)で裁判に移されたキ・ジュン前ロッテ物産社長(70)側が、容疑を否認した。

 ソウル中央地裁の審理で17日に開かれた第2回公判準備期日で、キ・ジュン前社長の弁護人は「公訴事実が真実と異なり、認めることはできない」として容疑を否認した。

 弁護人は「検察が主張する架空固定財産1512億ウォンは、現在も蔚山(ウルサン)工場に厳格に存在する資産」とし、「実在する資産が、客観的証拠もなく漠然とした陳述によって、架空資産として評価することはできない」と主張している。

 なお裁判所は、公判準備手続きを終え、来る11月9日に第1回公判を進行することに決定した。

最終更新:10/17(月) 17:16

WoW!Korea