ここから本文です

斎藤工 今後の監督業に静かに意欲「もともと監督志望ではないが…」

東スポWeb 10/17(月) 22:08配信

 俳優の斎藤工(35)らが17日、都内で行われた「芦田多恵デビュー25周年アニバーサリーコレクション」に出席した。

 芦田多恵氏(52)は日本を代表するファッションデザイナー。同氏のものづくりを半年間、密着したドキュメンタリーショートフィルム「アンベリール」で、斎藤は監督を務めた。

 斎藤は「齊藤工」名義で、すでに監督経験を持つ。芦田氏によれば、斎藤とは直接面識はなかったものの、関係者を介してドキュメンタリー作品の監督を依頼したという。今回の短編作について斎藤は「去年の年末くらいから撮影しました」と話した。

 監督業へのさらなる挑戦には「もともと監督志望ではないけど、自分の職業、その立場からしか見えないものがあるので…」と独特の表現で答えた。

 コレクションには来賓として、首相夫人の安倍昭恵氏(54)、キャスターの安藤優子(57)、女優の藤原紀香(45)、タレントの神田うの(41)、日本テレビの笹崎里菜アナウンサー(24)らが訪れた。

最終更新:10/17(月) 22:24

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革