ここから本文です

【菊花賞 馬体診断】ディーマジェスティ

デイリースポーツ 10/17(月) 17:46配信

 「菊花賞・G1」(23日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】菊花賞 馬体診断…週末予想の参考に

 【ディーマジェスティ=評価B】

 太い首差しに加えて、寸の詰まった胴から一見距離は持ちそうに映らない体形だが、ロベルト系によく見られるもので、同馬は母系が非常に強く出ている立ち姿。腰高の前傾姿勢で重厚なシルエットはデビュー大きく変わらず、今回もはちきれんばがりのボリューム満点の馬体。結果が伴っていることから、太く見せるのは体形的なものと判断していいが、セントライト記念時は数字こそ+4キロと微増の割にいつも以上に緩みが見られたつくり。今回は全体的に張りが増し、シャキッとしてきた印象で、順当に上積みを感じさせている。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉蛯名を背に美浦Wで5F67秒1-36秒3-12秒4(強め)。軽く促されると素早く反応して迫力満点の伸び脚。馬体も引き締まり、上積みは十分。

最終更新:10/17(月) 18:08

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]