ここから本文です

【菊花賞 馬体診断】ミッキーロケット

デイリースポーツ 10/17(月) 17:46配信

 「菊花賞・G1」(23日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真】 【写真集】菊花賞 馬体診断…週末予想の参考に

 【ミッキーロケット=評価B】

 1勝馬で皐月賞に挑んだが大敗。素質の片りんは見せつつも、春はまだ未完成だった。そこでひと息入れ北海道シリーズから復帰。前走の神戸新聞杯が4走目だったが、10キロ減でもふっくらした体つきで好状態だった。今回はあばらをうっすらと見せ、さらに皮膚の薄いシルエット。1週前追い切り後ということもあるが、京都の三千という舞台を踏まえれば余分な脂肪がないことは歓迎材料だ。とは言え臀部(でんぶ)がへこんでいるためか、前走時よりはトモが少し寂しく映るのは気掛かり。週末と当週の追い切りでどこまでトモのボリュームが戻るかがポイントだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒4-38秒9-13秒1(馬なり)。やや内めを通ったとはいえ、持ったままで豪快に伸びた。いい状態をキープしている。

最終更新:10/17(月) 18:01

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]