ここから本文です

キャサリン妃、戦時中に暗号解読者だった祖母に誇り

Movie Walker 10/17(月) 16:24配信

キャサリン妃の祖母は、第二次世界大戦中にドイツ軍が用いた暗号を解読するために諜報基地ブレッチリー・パークで働いた暗号解読者たちの1人だったと英紙デイリー・メールが伝えている。

【写真を見る】映画で暗号解読者アラン・チューリングを演じたベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト・カンバーバッチ主演の『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(14)でも有名なブレッチリー・パークでは多くの暗号解読者が働いていたと言われており、彼らはドイツ軍の暗号機エニグマの解読に挑み、連合軍の勝利に多大な貢献を果たしたと言われている。

キャサリン妃の父方の祖母、ヴァレリーも実は暗号解読者として働いていたそうだが、終戦から30年間、ここで働いた人々の功績は秘密にされていた関係もあり、彼らの戦時中の活躍はあまり知られていない。

しかし今年、英国の政府通信本部、GCHQは初となる難問クイズ集を発売することになり、キャサリン妃がその前書きを執筆している。「人々は、彼らの戦時中の活躍についてほとんど語ることはありません。しかし、私たちは今、ブレッチリー・パークで働いた人々の仕事がどれほど重要なものだったか知っています。彼らは、国が直面している最大の難題に挑んだのです」とキャサリン妃は書いており、祖母のことを「とても誇りに思う」と話していると同紙は伝えている。

同紙サイトは当時のキャサリン妃の祖母の写真も掲載しており、キャサリン妃に似ていると指摘する読者もいる。「おばあさまはキャサリン妃によく似ている」「なるほど、だからキャサリン妃は余計なことは言わず、黙っているのか。王室にぴったり」「キャサリン妃より、ピッパのほうが祖母似」などのコメントが寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:10/17(月) 16:24

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]