ここから本文です

【公演レポ】「超新星」、「VIXX」、「B1A4」、「EPIK HIGH」、「APRIL」が「スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス2016」でK-POPファンを魅了

WoW!Korea 10/17(月) 23:05配信

障がい者スポーツを応援する「スポーツ×文化」の祭典として、毎年開催されているイベント「スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス2016」が10月14日(金)から16日(日)までの3日間、東京・代々木第一体育館にて開催。最終日となる16日は、K-POP公演が昼夜2公演行われ、大盛況のうちに幕を閉じた。

【画像】「超新星」編~「スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス2016」

 この日の出演アーティストは、「超新星」(ユナク、ソンジェ)、「VIXX」、「B1A4」、「EPIK HIGH」、「APRIL」という豪華ラインナップ。それぞれがカラーの違うステージで、会場に詰めかけたK-POPファンをたっぷり魅了した。

 夜公演は、同イベントの応援ソングを歌うボーカルユニット、ビーグルクルーによるオープニングアクトが終わった後、定刻通りにスタート! 

 昼公演でトリを務めた「超新星」が、今度はトップバッターとして登場すると、客席は早くも総立ちに。白のパーカーのユナク、黒のジャンパーのソンジェと対照的な装いの2人は、「クリウンナレ-キミに会いたくて-」で会場の熱気を一気に高めると、「皆さん、盛り上がっていきましょう~! 」とユナクがさらにあおり、TM NETWORKの名曲をカバーした「Get Wild」、アップテンポな「Are You Ready? 」を続けて披露し、会場は大歓声に包まれた。

 2人そろって、「君たちは? 」と客席にマイクを向けると、「『ミルキーウェイ』(=「超新星」のファン)」。「僕たちは、『超新星』です! 」といつものように、客席と息の合ったあいさつから。ユナクが「もともとうちらは6人なんですけど、いま4人が同時に入隊しちゃって、2人で頑張っているんですけど、ソンジェ君は5月に除隊したんですよね? 」と話をふり、「そうなんです。ただいま! 」と笑顔で答えるソンジェ。

 2人体制でのステージは今回が初めてだが、パフォーマンスのみならず、トークでも軽快な掛け合いを繰り広げ、「1月25日、僕たち2人のアルバムが発売されるので、楽しみにしてください」とうれしい発表も。「冬にぴったりなステキな曲もできます。ステキなコラボもできそうなので、楽しみにしてください! 」とユナク。

 そして、「今回、素晴らしいテーマのイベントに、僕たち『超新星』が参加できてうれしいです。またこのような素晴らしい企画があれば『超新星』、2人でも1人でも6人でも来ようかなと思っています」と語り、次のソロステージの準備のため、「ソンジェ君、日本語でちょっとだけみんなと遊んでください。日本語だよ! 」と言い残して、いったんステージをはけると、ソンジェが1人に。心もとない感じだったが、「K-POPがこんなに愛をもらって本当にうれしいです。これからも僕たち『超新星』とK-POPをたくさん愛してください」と伝えたところでユナクが颯爽と戻り、「男前ですね~(笑)」とソンジェ。

 ソロアルバム「REAL」の収録曲「Because of you」から、ユナクの男前なソロステージへ。続く「ドラドラCrazy Love」で、最後に「ミッチゲッタ(どうにかなりそう)」とセクシーなまなざしを向け、ファンを胸キュンさせたユナクは、「正直、うちらのライブでは愛嬌をたっぷりしたり、ウインクしたり、睨んだり、舌を出したりするんですけど、きょうはK-POPを愛する皆さんがいるから、ちょっと恥ずかしくてそこまではできず、残念だなぁと思います」と率直に明かし、会場に「えー!! 」と残念がる声が響き渡ると、「ここまで反応してくれると、めっちゃうれしいです。やっぱり皆さん優しいですね~」とツンデレぶりを発揮。

 「寂しくなる瞬間があると思うんですが、皆さんにはステキな友達、家族、周りの仲間がいるから、そんな人たちを大事にしてほしいという曲です」とソロステージラストの曲を紹介し、「Todak Todak」をしっとりと聴かせた。

 続いて、「超新星」のダンス担当ソンジェのソロステージ。「Yes Man」で、流れるようなしなやかなダンスを見せたソンジェは、「いままで日本で歌うことができて、本当によかったと思います。皆さんのおかげです。もっともっと頑張りますので、これからもよろしくお願いします! 」と改めてファンに感謝。

 次の曲では一緒に踊ってほしいと手の動きをレクチャーし、「A-YO」では会場全体が一体となり、「いま夢みたいです。久しぶりに幸せです」と感無量な様子。ソロステージラストは、軍隊にいるとき、ファンのことを思って作った曲だという「ありがとう」を。「心で聴いてください」と優しい声で歌い上げた。

 再び2人そろって、「Love Letter」、「Promise」、「Shining Star」、「今すぐキミに届けたい」とヒット曲をメドレーで畳みかけた後は、「超新星の曲は明るくてかわいい曲だけじゃないんですよ。次は激しいダンス曲にいきたいと思います! 」とユナク。ダブステップを取り入れた「Stupid Love」で、パワフルなステージを披露した後、最後の曲は「愛言葉」。

 花道の先のサブステージから客席をくまなく見渡し、あちこちに手を振るユナク。歌い終え、「またね~、バイバイ~」と手を振るソンジェ。2人でも堂々たるステージ構成で、約1時間にわたり全12曲を熱唱し、10月27日(木)福岡公演を皮切りにスタートする「超新星 LIVE TOUR 2016~BRO~」への期待をますます高めた。

 2番手を務めたのは、「こんばんは~」と元気よく爽やかに登場した「B1A4」。ファンの一際大きい掛け声と共に、「Beautiful Target」、「Sweet Girl」で勢いよく幕を開け、弾けるような魅力を発揮! 

 「皆さん、こんばんは。『B1A4』です」と全員で声をそろえた後、サンドゥルが「1ドル、2ドル」と言うと、ファンが「3ドル(サンドゥル)! 」と返し、バロも「ぼ~くは誰? 」と歌い、メンバーやファンが「バロ~バロ~」と返すお馴染みのあいさつ。現在KBS月火ドラマ「雲が描いた月明かり」で、キム・ユンソン役を好演中のジニョンは「優しいカリスマリーダー、ユンソンです(笑)」と自己紹介からファンを楽しませた。

 韓国で1stソロアルバムをリリースしたばかりのメインボーカル、サンドゥルは「僕のソロアルバムが発売されました!  アルバムのタイトルは『そのままでいて』で、未来の彼女に…」と言ったところで日本語に詰まり、他のメンバーが「LOVEなメッセージ? 」と助け舟を出すと、「ハイ、…です」と。結局、シヌゥがアルバムにはサンドゥルが作詞作曲した曲が2曲収録され、「日本でサンドゥルのサイン会もあるから来てください! 」とサンドゥルに代わってしっかりPR。

 さらに、ゴンチャンが「お客さんのため、『そのままでいて』を歌ってください」とリクエストすると、アカペラで歌い始めたサンドゥル。そのうち、ジニョンもコーラスで加わって、即席で見事なハーモニーを披露し、会場からは大きな拍手が。サンドゥルとジニョンがハイタッチをして、お互いを称えあう姿がほほ笑ましかった。

 そんな熱い雰囲気の中、キャッチーなメロディーの「Lonely」、口笛の音で始まる「Solo Day」、日本3rdシングル「イゲ ムスン イリヤ~なんで? どうして? 」と軽快なナンバーが続き、メンバーたちの可愛い表情や自由な感じで楽しむ姿に、ファンも自然と笑顔になった。

 テンションが上がり切っているメンバーたちは、「メンバーの皆さんも、うれしいですか? 」というシヌゥの問いに、「ハイ! 」と奇声を上げ、なぜか「あ~」「あ~」「あ~」「あ~」とハモリ出すメンバーたち。「歌上手ですね~」とシヌゥから褒められると、今度は気分を良くしたバロが「そのままでいて」をアカペラで歌い、「サンドゥルのファンです! カッコいい友達」とチームワークの良さを見せ付けた。

 そして、サンドゥルが「ソロ活動だけしていたんですが、『B1A4』の曲でステージに立てて、本当にうれしいです。久しぶりに僕たちの『BANA』(=「B1A4」のファンクラブ)と会って、本当にドキドキです」と笑顔に。シヌゥが「皆さん、サンドゥルのソロアルバムを応援してください。ジニョンのドラマも」と言うと、「『雲が描いた月明かり』が日本で11月に放送されます。応援してください」とジニョン。

 バロからは、「『B1A4』のアルバムを準備中です。きょう思ったより、『BANA』の皆さんがたくさん来てくださっているようですが、たくさん来てくださってありがとうございます! ジニョンさん、サンドゥルさんのソロ活動が終わったら、『B1A4』のアルバムでカッコよくカムバックしますので、期待してください! 」とうれしい知らせも飛び出した。

 バロがリードして、「セイ イェー! 」、「B1」、「A4」のコール&レスポンスで再び会場が熱くなったところで、最後は「おやすみ Good Night」、「ムルハンジャン」をノリノリで披露した「B1A4」。手で作ったハートを客席のあちこちに向け、愛嬌をたっぷりと振りまいたメンバーたちは、全7曲を熱唱。「愛してる! 」、「最高! 」と言いながら、「バイバイ~」と楽しい余韻を残して、次の「APRIL」にバトンを渡した。

 3番目に登場したのは、今回紅一点となった「KARA」の妹グループ「APRIL」。前日15日、日本で初の単独コンサートを開いた彼女たちだが、「大きなステージでとても緊張しています」と初々しさを見せ、若さとキュートさを振りまきながら、男性ファンをノックアウトした。体調不良で休養中のヒョンジュを除いた4人でのステージとなったが、「MUAH」や「KARA」のヒットナンバー「ジェットコースターラブ」など4曲を披露し、圧倒的な可愛さを印象付けた。

 4番目に登場し、雰囲気をガラリと変えたのがヒップ・ホップ・レジェンドの「EPIK HIGH」。今夏は2年連続で「a-nation island AsiaProgress ~5th Anniversary~」にも出演し、大観衆の前でのパフォーマンスはお手の物。「BORN HATER」を皮切りに、持ち前の自由奔放なステージで、一瞬にして会場を「EPIK HIGH」ワールドに染め、5曲を熱唱。お馴染みの水撒きパフォーマンスはなかったものの、その分ステージを走り回り、隅から隅まで会場をノリノリにした。

 夜公演のトリを飾ったのは、毎回、楽曲をリリースするたびに、画期的なコンセプトを打ち立て、その世界観を表現することから“コンセプトドル(コンセプト・アイドル)”とも呼ばれ、他のアイドルとは一線を画す「VIXX」。会場がブルーのペンライトに染まる中、全身黒ずくめのシックな装いでメンバーたちが登場すると、大歓声が。

 オープニングの「Chained Up」は、ファンのぴったりそろった掛け声もメンバーたちを後押し。時には激しく、時にはセクシーに、そしてシンクロ率の高いフォーメーションダンスで魅せた「VIXX」は、「Depend on me」ではラインの動きが美しい、ぴったり息の合ったドミノダンスを披露し、オープニングから一瞬たりとも目が離せない華麗なるステージングを見せつけた。

 曲が終わると、MCマイクを通して、「ハァハァ」という息遣いまで聞こえてくるほど、オープニングから全力のパフォーマンスを披露した「VIXX」。思わずリーダーのエンが、メンバーたちの喉を心配し、「ホンビンさん大丈夫ですか? 」と声をかけると、「元気です! 」とホンビン。エンは客席にも、「皆さん、声大丈夫ですか? 喉も大丈夫でしょ? きょう期待しています、皆さんの声」とニコッとし、「本当にたくさん来てくれてありがとうございます! 」と客席を見渡しながら、感謝の気持ちを伝えた。

 そして、自己紹介へ。1人ずつあいさつするたびに、歓声が湧き上がった。エンが「僕たち『VIXX』が『スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス』に初めて参加することになりました。今回のイベントはどんな意味があるのか知っていますか? 」とメンバーに問い掛けると、ケンが「障がい者も健常者も楽しめるスポーツと文化の祭典です」。メンバーたちから「お~、頭がいいですね~」と褒められ、「ハイ、分かります」と否定することなく、自ら認めるムードメーカーのケン。

 さらに、メンバーたちから「何で頭がいいんですか? 」とつっこまれ、「なぜなら、僕はキュートなメインボーカル、ケンですから」と答えるも、メンバーたちはスルー(笑)。話を戻して、「僕たち『VIXX』がこんな意味のあるイベントに参加できてうれしいです! 」「では、きょう僕たち『VIXX』と一緒にいい思い出を作るように、本格的に始めようと思います! 」と再びライブステージへ。

 エキサイティングでファンキーなサウンドの「Dynamaite」で、会場の雰囲気を盛り上げた後、ステージをはけた6人。スクリーンで、壮大なスケールの「Fantasy」のミュージックビデオやメイキングが流れた後、カジュアルに衣装チェンジしたメンバーが再登場。「Fantasy」で現代舞踊のような美しいダンス、洗練された動きで独特な空気感を放ち、会場を非日常的な世界へと誘った。

 続けて、メンバーたちの長身を生かしたダンスが目を引く「Love Me Do」を披露した後、エンが「いま歌った曲は僕たちのアルバム『Hades』の『Fantasy』と『Love Me Do』 です。皆さん、どうでしたか? 」と客席に聞くと、大きな歓声で応えるファンたち。その反応をうれしそうに見ながら、「ありがとうございます! 」と笑顔を見せた。

 ライブも最後の曲へ。全員が名残惜しさをにじませる中、「僕も寂しいですけど、来年も機会があったら、『スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス』でもっとカッコいい舞台をお見せしたいです。皆さん、期待してください。そのときは日本語も本当に上手になります。いまも大丈夫ですけど、そうでしょ? (笑)」と茶目っ気たっぷりに語るエン。「努力しますから皆さん、期待してください」と胸を張った。

 そして、1人ずつ最後のあいさつ。リーダーのエンは最後に「きょうは天気も良いし、気分も良いし、良いですよね、全部。皆さんも同じでしょ?  いつも話しますけど、皆さんのおかげで、きょうも本当に幸せでした。ありがとうございます! これからも『VIXX』は一生懸命頑張りますから、皆さん、応援してください。いつもそばにいてください! 」と言うと、指を出して「約束します」とファンに誓った。

 ラストステージでは、日本3rdシングルとなるバラード「花風」を抜群の歌唱力で歌い上げた後、ラビの自作曲「Heaven」で締めくくった「VIXX」。サブステージでは、レオが自分の携帯電話を取り出し、自分も入れながら、客席をバックに映像を撮ったりするなど、最後までファンと一緒にステージを楽しむ姿も。全7曲を通して、会場を熱気で充満させ、トリの大役を見事に務めた。


 ことしで4回目の開催となる同イベントは、障がい者も健常者も一緒に楽しめるスポーツと文化のイベントを通して、障がい者アスリート・アーティストのすごさや魅力を発信し、彼らの社会的な知名度の向上を目指している。

 今回出演した全組のアーティストが、そのような趣旨のイベントに参加できて光栄だし、うれしいと口々に語り、全力でパフォーマンスを披露し、イベントを盛り上げた。

最終更新:10/17(月) 23:05

WoW!Korea