ここから本文です

美しき妊婦2人がレッドカーペットで美の競演!

Movie Walker 10/17(月) 16:33配信

昨今では、セレブがファッショナブルな妊婦ドレスで堂々とレッドカーペットを歩き、その美しさを絶賛されているが、今回は、美しき妊婦2人の競演が話題をさらった。

【写真を見る】レア・セドゥとマリオン・コティヤールのツーショット

第60回ロンドン映画祭に出展されている『It's Only the End of the World(原題)』で共演を果たしているレア・セドゥとマリオン・コティヤール。レアは胸元が大きく開いたコバルトブルーのドレスとハイヒールで、マリオンは広告塔を務めるディオールの黒にゴールドの刺しゅうが施されたドレスにパンプスという出で立ちでレッドカーペットを歩いた。

justjared.comには多数の写真が掲載されているが、「2人とも輝くばかりに美しい!」と絶賛されている。

レアのお腹は大きく膨らみ、かなり出産が近いと思われるが、マリオンのドレス姿からはお腹の膨らみはわからない。

8年間交際しているパートナーのギョーム・カネとの間にすでに男の子がいるマリオンは、本来であれば妊娠を発表していなかった可能性があるが、アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの離婚を申請した際に、ブラッドとの不倫疑惑が浮上。正式に妊娠を発表するとともに、不倫疑惑を否定した経緯がある。

マリオンが妊婦に見えないせいもあってか、「10歳も差があるとは思えないほど、マリオンが美しい!」と特にマリオンの美しさが絶賛されているほか、いまだに「本当にお腹の子はブラッドの子じゃないのかしら?」「アンジェリーナなんかより全然美しい!ブラッドが惹かれるのも無理はない」と言った声も多く寄せられている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:10/17(月) 16:33

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]